雲の向こうへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きだからだ、バーカ!

さて、どこにいるでしょう?
家の前。

それは誰の?
とにかく自宅ではない。

何しにきたの?
強いて言うなら嫌がらせ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先月の話から始めよう。

2月14日、バレンタインデー。
お菓子会社の陰謀に踊らされる日。
何ももらえる予定のない人には無縁の日
俺も去年までその一人だった。
玄関でクツを履こうとしている時に
誰かが近寄ってきたので振り返ってみると

「高津くん、好きです!コレもらって!」

冬だけど私にも春が来たと感じた瞬間だった。
惜しむべくはおしゃべりなクラスの女子が、
俺に気がある子がいるなどと言っていて驚きが半減しとことだ。
いや、それでも嬉しいものは嬉しい。
「ありがとう、ちゃんとお返しするから」
小包をカバンにしまい帰路につこうとしたとき声がかかる。

「ねぇ高津、ちょっと待ちなさいよ」

柳礼佳、よりによって今一番会いたくない人に見つかった。

「俺、早く帰りたいんだけど何なん?」
「ふーん、奈月のチョコそんなに早く食べたいわけ?」

グサッ、急所に当たった効果は抜群だ。
一部始終を完全に見られてたのだろう。

「違うし、今日は塾がだな……」
「塾やってないでしょ、あんたいつも木曜日は公民館くるじゃん」

バレてる。
こうなれば開き直りだ、カッコ悪いとでもなんとでも言え。

「はいはい、嬉しかったですよ。告白とか初めてですもん、いいじゃん。」
「あ、こいつ開き直ったバカじゃないの?」

言うと思った、柳の私に対する口癖だ。
腐れ縁ともなるとある程度予想はできるものだな。

「で、何だよ用ないなら帰るし。」
「これ、あんたに上げる、さっさと鞄にしまえ。」

礼佳はそう言って小さな紙袋を渡してきた。
意味がわからない、誰かに渡せということか?
そういえば前に礼佳の好きな人のヒントを聞いた気がする。
名前に「ゆ」と「た」が入るとかなんとか……
行動の真意を確かめるべく礼佳に聞く。

「祐太に間接的に渡しとけってこと?」

一瞬、礼佳が呆れて怒りそうな気がしたが気のせいだろう。

「何でここでアイツの名前が出るの?」
「だってこの間の賭けで好きな人ヒント【ゆ】と【た】って言ってたし」
「……あんたが持って帰れ、命令。で、ありがたく食べろ。」
「意味わからん、俺が食べたら意味ないだろ。好きな奴に渡せや。」
「あんた自分の名前言ってみなさいよ」
「は?高津由宇だけどそれがどうしたんだよ」
「だからあんたが貰えばいいわけ。」

もう、何言ってるんだコイツはバカなんじゃないか?
いつもは頭がキレるのに今日に至っては話が通じない。
しびれを切らした俺は礼佳に端的に語気を強めて聞いた。
「だから何で俺に渡すんだよ!」と。


「好きだからだ、バーカ!!!」


顔を真っ赤にしてこんなに大きな声で叫ぶ礼佳を初めて見た。
しかしその光景に驚いている余裕は俺にはなかった。
俺のことを好き?礼佳が?何で?次々と疑問符が浮かぶ。
いつも冷静な自分でいられないそんな感覚に襲われた。
俺が口を開く前に礼佳が矢継ぎ早にまくし立てる。

「あんた、色恋に聡いとかこないだ言ってたけど疎いから。
ここまでヒント出して気づかないとかバカなの?いやバカね。
奈月のは貰ったらありがとうなのに何で私のは悩むわけ?
「祐太に渡す?」とかバカすぎるでしょ、本当にバカだわ。
今日はそういう日なの、理解しろバカ。しね、バーカ!」

思考停止中の俺には何を言われているのかさっぱりだったが、
ただ1つわかったことは私がバカだったということだ。

「いや、悪い、何か信じられなくて、とりあえずありがとう。」

よかった、ありがとうを言えるだけの冷静さは残っていたみたいだ。

「……不味かったら捨てればいいし、食べなくたっていい好きにして。
……あとお返しとかいらない、そんなつもりで作ってないから。」

それだけ言ってそそくさとその場を立ち去ろうとする礼佳。
言わなきゃいけない事があると思って呼び止める。

「柳、ちょっと待って。」

振り返ってくれないのは俺の鈍さに呆れたからかもしれない。
それでも伝えたいことは伝えるべきだと思って言った。

「ちゃんと食べる、折角作ってくれたみたいだし。
お返しはする、いらないって言ってもする。」
「あっそ、勝手にすれば。」

そう言うと今度は呼び止める前より幾分か早く帰路を歩いて行った。
俺は帰り道が同じなので少し遅れて帰ることにした。
校門にもたれかかって色々と考える、俺はどうするべきなのだろうと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんなこんなで一ヶ月が経って今日、3月14日。
礼佳はというと学校を休みやがった。
昨日まで元気だったのに、今日になって急にだ。
それで仕方なく礼佳の家まで来たわけだが、緊張する。
お返しは自分で選んだ、作れなかったのは残念だが仕方ない。
インターホンを鳴らすと中で誰かが返事をしてすぐにドアが開く。
黒髪にメガネの似合う彼女はドアの開いた先でいつものように
少し高圧的にライバル心を感じさせながら私を見てくる。

「……いらないって言ったはずだけど?」

あなたはホワイトデーのお返しに何を送りますか?
癒されてください、とやわらかいマシュマロを送る人。
仲良く分けましょう、と分けやすいクッキーを送る人。
キレイだよね、と宝石のようなキャンディーを送る人。

「いらないって言ってもするって言ったはずだけど?
それにお返しじゃない、ただの嫌がらせだ、貰え。」

高圧的な口調、柳の性格が写ったみたいだ。
続きを読む
スポンサーサイト

氷華さんが面白い題材くれたので・・・

**********

「氷華ちゃんも今日誰かにチョコあげるんでしょ」

中2の冬、どこに行ってもそんな話題がのぼる時期。
みんな年頃の女の子だもん、好きな子くらいいて当たり前。
私にだっていたよ、あなたたちと同じ女の子だもん。
でも当時の私は同じフレーズばかり言っていた。

「えぇー、そんなの私にはまだいないよー。」

自分の好みが知れてしまう恥ずかしさもあった。
でも実際はチョコを渡すこと事が怖かったんだと思う。
瀬川くんを好きな人が他にもいたらと思うと胸が締め付けられた。
自分のことはよくわかっている、私より可愛くていい子はいっぱいいる。
あの頃の私には競争を勝ち抜くだけの要素が少なすぎた。
仮に私以外誰も瀬川くんの事を好きじゃなかったとしても、
私が選ばれなくて友だちに慰められている自分を想像したくない。
誰かに慰められて胸を借りて泣いたら認めなきゃならないから。
暗黙のルールがきっとそこにあるのだと思う。
だからこそ、友だちに今日の行動を問われたとき鍵をかけた。
スクールバッグと私の心に、チョコと本心を奥へ追いやって。
自分が傷つくのを恐れて私は自分に保険をかけたんだ。
つくづく臆病だったんだよね、あの頃の私は。

**********

机に右頬を押し当てて窓の外の雪を眺めていた。
雪が溶けて桜が咲いたとき、私はどうなっているのだろう。
15年目にして初めて競争の矢面、受験戦争を控えた私。
自室で勉強しながらそんな事ばかり考えていた。
バレンタインデーの少し前のことだったと思う。

「今年はチョコレートとか考えている暇なさそうだなぁ。」

そんな事言ってしまっている以上、少しは気にしていたのだろう。
瀬川くんと同じ進路を希望してはいるけど、私は受かるのかな。
去年とは別の想いが私の心を満たして不安を煽った。
ならいっそ、今年チョコを渡すべきじゃないのか。
もしかしたら今年がラストチャンスかもしれないのに。
小一時間悩んだ私は結局台所でチョコの試作品を作っていた。
出来は上々、去年よりも上手くなっていたはず。
一息ついでに椅子に腰掛けるとカレンダーが目に飛び込んだ。

「そんな、折角決心したのに、あんまりだよ。」

2月14日土曜日。
一年に一度、女の子の背中を押してくれる日に学校がない。
内気な私にはバレンタインデーという魔法が不可欠だったのに。
瀬川くんの自宅に行く勇気なんてなくただ落ち込むしかなかった。
でも落ち込む半面、ホッとした自分がどこかにいるような気がした。
そんな自分をどれだけ忌み嫌っただろうか。

**********

同じ高校に進学して初めての冬。
瀬川くんのことを好きになって3年。
さすがの私でも、そろそろ想いを伝えるべきだと思い立った。
それなのに今年も会う機会がない。
バレンタインデーが日曜日、最悪だと思った。

「何なの、嫌がらせ?私どれだけ運ないんだろう……」

カレンダーが憎かったけど、中学生までの私とは違う。
瀬川くんのメールアドレスを持っていた。
合格発表の時、私を見つけて声をかけてきてくれた瀬川くん。
合格の安堵と、好きな人と話す緊張でテンパる私に、

「よかったらアドレス交換してくれない?」

そう声をかけてくれたのは本当に感謝している。
このチャンスを生かさないでどうする、そう自分を奮い立たせた。
宛先を入れてないメールに文章を打ち込んでみる。
文芸部に入っていてよかった、文を書くのは得意だ。
でも書いている途中で手が止まる。

「メールで告白ってどうなの?本気の想いって伝わるの?」

大丈夫、友だちもメールで告白した人いるじゃない。
でも、メールより電話の方がまだましじゃない?
電話するくらいなら直接会ったほうがいいと思うけど。
私の頭の中でいろんな意見がせめぎ合った。
結局、その年も私は何もできず2月14日を見送った。
私の意気地なし、そこで少し勇気をだしていれば。

**********

「月が綺麗ですね」

文芸部に入って先輩に教えられた好きな言葉。
古臭いかもしれないけど、内気な私にはちょうどいいと思った。
こういう言葉が似合う素敵な人になりたいと思った。
私は変われたかな、あの言葉似合う女の子になったかな。
部室で目を閉じながら1年前を思い出すように呟いてみた。
ゆっくりまぶたを上げる、きっと変われた。
今年こそ想いを伝えるんだ、片想いはもう止めるんだ。
もう思い出の言葉で自分の気持ちを隠す事はやめよう。
告白は自分の言葉で直接伝える前から決めていたこと。

「瀬川くんのことがすき」

核となる言葉を紙に書いてみた。
一気に顔が紅潮していった、熱い、恥ずかしい。
試しに言葉を口に出してみよう、そう思って息を吸い込んだ。
誰も聞いてない何も緊張する必要なんてなかったはずなのに、
私は口を開けたまま息が詰まった、言葉が出ない。
本番はもっと緊張するだろう、息を呑む間もないほどに。
その時自分の中から告白する気持ちが消えていくのが分かった。
また逃げてしまった、来年があると。

**********

既に自由登校で学校にいる3年生の方が少ない。
私にはまだ本命が残っているから学校に来ているというわけだ。
それなのに勉強をしにきたはずの私は何をしているのだろう。
瀬川くんに告白するなら今年がラストチャンスだと腹を括った今朝。
うちの学校はそんなに広くないからすぐ見つかると思っていた。
なのに、誰かを探すとなるとこんなに校舎を広く感じるなんて。
昼休みが刻一刻と過ぎていく。
半ば諦めかけたとき、廊下の向こう側を曲がる人影が見た。

「あっ見つけた。瀬川くんだ。」

後ろ姿だし曲がる瞬間に垣間見えた人相でさえはっきりと
見える距離じゃないけど5年も好きな人を見間違えるわけがない。
私にしては珍しく小走りでスリッパをパタパタ鳴らしながら追いかけた。
曲がり角で確認する、チョコは持った、言葉はシンプルに。
一歩踏み出して右を向く、瀬川くんだ間違い。
声をかけようと思い深呼吸をして落ち着くと見えてしまった。

「隣の女の子は誰なの?」

瀬川くんは後ろ手に何かを持った女の子と話をしているように見える。
私は咄嗟にすぐ側にあったロッカーの影に身を隠した。
もしかして先を越された、そんな不安が脳裏に浮かぶ。
十メートル程度の距離、話し声は嫌でも聞こえてきた。

「はい、チョコレートあげる。受験頑張ってよね。」

意外とあっさりしている、義理チョコなのかもしれない。
よかった、まだ私が想いを伝えるチャンスはあるんだ。
そんな一縷の望みが瀬川くんの言葉でかき消される。

「ありがとう、受験上手くいったら約束守るから。」

えっ、何?それどういうことなの?
頭で自問するもきっと既に答えはわかっていたんだと思う。

「私から言ったことだし楽しみにしているね、初デート。」

私がいつまでも煮え切らないからいけなかったのはわかっている。
でもこれ以上ここにいたら、歩けないほどに悲しみがこみ上げる。
できるだけ2人に気づかれないようにこの場を立ち去ろうと思った。
諦めきれないのか振り返って彼を最後にもう一度だけ見てしまう。

「彼女さんと話す時あんな風に笑うんだ。」

私が知らない彼をあの子は知っている。

**********

あのね、

えっとね、

きみのこと、すき。

だったよ。

ことしのチョコは苦いな。

あなたのチョコは甘かったですか?

**********
続きを読む

私にはまだその資格がない

人生は陸上競技

特に高跳びに似てる

自分で決めたバーの高さが平均より

ずいぶん高いとは知っていても

実際に目の前にすると自分も尻込みして

3センチくらい下げてもいいかな

なんて思ったりするとそこで負けてる

きっと、下げた高さも跳べない


見上げたバーの高さに不安を覚えても

自分に甘えを与えると

どんな高さのバーも跳べない

跳べる

それだけ信じて跳んでみればいい

仕方なく妥協するのはそれからでも遅くない


_________________________

続きを読む

作ってみた&書いてみた

今日、朝起きて一通りの家事を済ませ図書館へ!

2時間ほど読書して13時位にお腹がすいたので帰宅……

と思いきや本屋によってしまいまた1時間ほど立ち読み←←

本に囲まれた生活って好きなんですよw

だから本屋とか図書館とかいくらでもいれますし、

行こうと思えば毎日でも行きますしww


将来の夢:自分の好きな本に囲まれて生活したい!!


今日は図書館と本屋でプログラミングの本を読んでました。

HPやHTMLや大学の情報論で必要な知識を仕入れてきました。

PCスキルはのちのち役に立ちそうだし勉強して損はないかとw

そこで帰宅って思い立ったのがこれ↓




↑バナー(試作品)


正直無駄でしかないんですが結構よくできたと思ってたり。

今度はアニメーション入りで作ってみようかなw

結構暇つぶしになったし←
続きを読む

歯車

大きいの小さいの

いろんな歯車が世界にはたくさんあって

でも1つ1つは意味がなくて

持ってるだけでは決して何も始まらない


でも、機械にはめ込むと動くんだ

1つ1つの歯車が上手くかみ合って

ゆっくりと正確に動くよね

最後には小さな歯車が大きな機械を動かして


歯車が選択肢だと仮定しよう

自分のあなたの彼の彼女の選択肢

1つを選んだら次はそれにあうもの

次もその次も同じことの繰り返し


歯車が選択肢なら機械って何?

歯車の入っていない機械

漠然とした正解、ゴール、終着点

完成するには歯車が必要な欠陥品


そして、機械に命を吹き込む

機械に歯車をはめ込むの作業
きっと私たちの決意なんだ。


____________________________________
続きを読む
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
ブロ友

とにかく7

まぁふんわりな日

No title

Toonkigoの観察日記

夢が集まるトコロ。

園田文庫

~つぶやキング~

羽休めの場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。