雲の向こうへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にはまだその資格がない

人生は陸上競技

特に高跳びに似てる

自分で決めたバーの高さが平均より

ずいぶん高いとは知っていても

実際に目の前にすると自分も尻込みして

3センチくらい下げてもいいかな

なんて思ったりするとそこで負けてる

きっと、下げた高さも跳べない


見上げたバーの高さに不安を覚えても

自分に甘えを与えると

どんな高さのバーも跳べない

跳べる

それだけ信じて跳んでみればいい

仕方なく妥協するのはそれからでも遅くない


_________________________

最近、自分の夢とか狙っている資格が

あまりにも高くて『私にはできないんじゃないか?』

って思ったりしてしまうんですよね(苦笑

本で自分が狙っている資格について見ました。

合格率9%未満

因みに新司法試験の合格率が22%くらい


自分が平凡なのはわかってるから、

余計に無理なんじゃないかとか思ったりして

お金もないからダブルスクールもできないし……


でも何もせずに諦められるほどできた人間じゃない私は

周りに『できない』とか『ムリ』って言われると

とりあえず一度挑戦したくなってしまうわけで

結局、まだまだ夢見る子どもなんですかね、私は


【できないとか、ムリっていうのはそれに

全てをかけた人だけが言っていいもの】

私にはまだそれを言う資格はない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
青空に映える名言集
BookSupri-小説検索
ブロ友

とにかく7

まぁふんわりな日

No title

Toonkigoの観察日記

夢が集まるトコロ。

園田文庫

~つぶやキング~

羽休めの場
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。